脂性肌の化粧品選び

脂性肌の化粧品選び

脂性肌の人は肌が油っぽいのでさっぱり系の化粧品を使いがちですが、脂性肌こそ保湿が肝心です。
表面は油っぽくても肌内部は乾燥しています。
水分が不足するとそれを補うためにひしの分泌量を高めます。
その結果、肌が油っぽく、テカテカしてしまうのです。
過剰な皮脂を抑えるには、水分を与えて潤った肌にする必要があります。
そのため脂性肌でも保湿ケアが必要です。
ヒアルロン酸、セラミドには高い水分保持力があり、肌内部の水分量を高めてくれます。
化粧品を選ぶときに気をつけたいのが、成分の分子の大きさです。
肌にはバリア機能があり、大きな分子の成分は肌に浸透できません。
ヒアルロン酸とセラミドは分子が大きいので、そのままでは浸透が悪く肌表面にとどまり、インナードライは解消できません。
成分がナノ化されていると肌内部に浸透でき、内側から潤った肌になります。
保湿化粧品を使って水分たっぷりの肌になれば、自然と過剰な皮脂分泌が治まります。