眠りたいのに眠れない

眠りたいのに眠れない

人生の中で眠りたいのに全く眠れない時間をいうのが一番ムダだと
思っているのですが最近本当に眠れなくなってきました。不眠症とか
ではなくて単純に昼夜逆転しているので夜になっても眠くないし眠りに
つけばそれはもう何時間でも眠れてしまうわけです。本当は規則正しい
生活に憧れているので夜早めに寝るのですがなかなか寝付けないので
結局起きるのは昼過ぎになってしまうわけです。そうすると寝ようと
思っているのに眠りに付けない時間というのはとても勿体ないと
思っているわけです。その時間を有効活用することはどう考えても
できないからです。何か他のことをするとそれは起きているのと
変わらないわけです。それで早くから寝ているのに結局起きるのは
昼ぐらいなので生活リズムはまったく変わらないわけです。何度も
起きる時間を早くすれば次の日の夜は早く眠れるだろうと思っても
起きた時の強烈な眠気から二度寝とか三度寝とかを平気でかまして
しまうので結局その日も夜になっても眠くなることはありません。
なので実際に眠っている時間はそんなに人と変わらないのですが
時間がそのままスライドしています。昼夜逆転とはまさにこのこと

なのだとヒシヒシと感じている毎日です。