債務整理 バレる

債務整理をしたことがバレるケース

債務整理をしたことがバレるケースは、極めて少ないです。任意整理をする場合、専門家と債権者との話し合いで和解をするので、バレることはありません。任意整理をする人は、専門家に相談をし、委任状を書くだけで、何回か電話でのやりとりがあるくらいです。任意整理については、何回か法律事務所に足を運ぶことはあっても、裁判所を通しません。債権者と弁護士の交渉だけになるので、債務整理をしていることが、親にバレる可能性は極めて低いです。ただ、なにかのきっかけで実家に督促状などが行ってしまう可能性がないとは言えないので、それをきっかけにして、債務整理していることがバレることはあるでしょう。債務整理をバレないようにするには、住民票の異動や借入先への住所変更、電話番号変更の手続きはしっかりしておく必要があります。債務整理を行ったことが、親にバレる可能性は低いのですが、書面や名義などで親にバレてしまうケースがあります。そのため、債務整理をする時は、周りにバレないよう事前にしっかりと、弁護士と打ち合わせをしておくことが必要です。
任意整理の費用が安いのはいくらから?